北九州市小倉南区守恒本町の整骨院│さくら整骨院・整体院では、首・肩・腰痛・手足の痛み・捻挫・打撲・肉離れなどの体の痛みや気になる症状をご相談下さい。


上腕骨内側上顆炎とも言われ、前腕の屈筋の筋肉が上腕骨の内側上顆部にくっつき引っ張られ起こります。


日常生活で上腕骨内側上顆部の負荷を少なくする事が治療の先決事項です。

これが出来ないといくら治療しても治りにくいです。そして、炎症がある時は冷やします。
炎症が無い時は、温めます。テーピングやサポーターをお勧めする場合もあります。

そして、電気治療、手技で症状の痛みを取っていきます。

さくら整骨院では、理論的な治療を大事にしています。

野球肘の治療